年収350万円の人の手取りと生活とは?結婚生活はできる?

年収350万円手取り

仕事をする上でお金というものは、とても重要になってきます。
年収350万円で生活する場合、手取りや使い道はどうなのでしょうか。

年収350万円の場合、手取りは一体いくらなのか?
年収350万円の場合、どのような生活を送っているのか?

今回は、年収350万円の手取りと生活についてご説明します。

目次

年収350万円の手取りは?

年収350万円の場合、手取りはいくらなのでしょうか。

そこで、年収350万円の手取りについて計算してみたいと思います。

年収350万円から、各税金や保険料を支払い、
残った金額が手取りとして口座などに振り込まれます。

そして、年収350万円の場合、手取りは277万円になります。

この内訳は、

  • 社会保険料:51万円
  • 所得税:7万円、15万円

合わせて73万円。
73万円を年収350万円から引くと、手取り277万円となります。

年収350万円での生活の仕方は?

年収350万円の場合、どのような生活になるのでしょうか。
年収350万円の人の生活を見ていきたいと思います。

年収350万円の方は、労働者の中でも割合的に多く、平均的な収入で、標準的な生活水準であるとも言えます。

そのため、お金に関しては困ってしまい、何も生活ができないというわけではなく、多くの人が不満もなく、満足もせずといった生活となります。

また、お金の使い方は人それぞれにはなるものの、年収350万円では、貯金をすることも可能です。

月にある程度の金額を貯金に回しているという人もいれば、趣味をしっかり楽しんでいる人もいます。

また、家賃が高いという場合、収入のほとんどが家賃で取られてしまうという事もあるそうです。

年収350万円だと貯金をするという人もいれば、趣味に使ってしまうという人もいるのですが、やはり一般的な収入の為、ガッツリと贅沢をするというわけにはいかないです。

年収350万円の女性の生活と貯金額とは?

生きていく上でとても大切なのがお金です。
仕事をしていると、自分の年収が分かってくるかと思います。

年収350万円の女性も多く、その使い道や貯金額についても人それぞれです。

今回は、年収350万円の女性の生活と貯金額を解説します。

女性の平均年収は?

そもそも、働く女性の平均年収は一体いくらなのでしょうか。

そこで、働く女性の平均年収について調べてみたところ、
女性の平均年収は、年収350万円のようです。

OLで働いているという人も多いのですが、
他にも弁護士、医師、公認会計士、税理士ともなると、年収1000万円超えも可能で、専門分野はやはり高収入ともいえます。

年収350万円の使い道はどうなのか?

年収350万円の女性の場合、何にお金を使っているのでしょうか。

多くは、家賃や光熱費など支払わなければいけないもので、お金がほとんど消えてしまいます。

また、女性ならではの美容代やファッション、コスメ、ボディケアといったような、、
自分磨きにお金を費やしているという人も多いです。

「お金に関して満足していない」「もっとお金が欲しい」と思っている人も多いということがわかりました。

ちなみに、子育てをしている女性の場合、
子供の養育費や子供の趣味、欲しいものに使ってあげるという人が多いです。

子供がいる女性は、自分にご褒美をあげているという人が意外と少なく、
自分のご褒美としてお金を使うとしても、ランチ代やその他の食費代などの節約をしながら使うという人もいます。

年収350万円の女性は満足している?

自分のためではなく、子供のためや家族のためにお金を使っている。
という女性が多いということがわかりました。

自分のためにお金を使わないのならば、
今の環境や年収に、満足をしていないのではないかと思ったりしますね。

しかし、年収350万円で満足をしている人の多くが給料は少ないけれども、
「やりがいを感じている」「自分の能力だと今のままが良い」という人もいます。

ちなみに、年収350万円の女性の平均貯金額は、7万円です。

その中でも、20万円貯金をしているという堅実的な女性も多くいます。

年収350万円の女性のお金の使い道と貯金額について詳しく説明をしましたがいかがでしたか。

実際に年収350万円の女性の多くが堅実的な人が多いということがわかりましたが、自分へのご褒美としてお金を使っているという人が少なく、多くの人がしっかりと貯金をしているということがわかりました。

年収350万円では車を購入できない!?

車はとても便利な乗り物で、車があれば買い物に行けますし、遠くに旅行もできます。

しかし、車を持つには、自分の収入と相談をしなければいけないですよね。

しかし、年収350万の人が車を持つことは難しいです。

なぜ年収350万の人は車を購入する事ができないのかを詳しく説明していきます。

なぜ年収350万では車を購入できないの?

なぜ年収350万では車を購入することができないのでしょうか。

その理由は、やはり「金銭面」です。

車を持つための年収の目安として、年収の半分以下に収めることで生活に余裕ができます。

例えば、年収2000万円以上の人は1000万程度の車が目安となり、400万円以上の人は、200万程度の車が目安となります。

しかし、年収350万では150万程度の車が目安とはなるものの、車を持つと維持費がかかります。

車は買って終わりというわけではなく、維持費にもかなりの金額を要します。
年収300万円以上の人でも、50万前後の維持費がかかります。

そうすると、生活に余裕が無くなってきてしまい、結果、車を購入できないという事態に陥ってしまうのです。

それでも車を所有したい場合は?

年収350万でも車に乗りたい、車が欲しいという場合にはどうすれば良いのでしょうか。

その場合は、当然の節約が必要になります。

年収350万の人が車を持つとなると、やはりほかのところで節約をして、生活費を切り詰めなければいけません。

また、自宅に駐車場がないという場合には、駐車場を借りなければいけない為、その費用についても抽出しなければいけないです。

そうなると、年収350万ではギリギリの生活になってしまい、結婚をしているとすると、相手方にも了承を得なければいけないです。

安い車ならば安心できる!?

車といっても多くの車種があったり、値段も大きく異なってきます。

高級車となるとベンツ、ポルシェ、BMWが有名ですが、これらは年収が1000万以上ないと、手にすることができない車です。

しかしながら、安い車も多くあり、中には50万以下で車を購入することができたりもします。

年収が350万でも、安い車ならば維持費もあまりかかりません。

それに、極限に節約をするというわけではないので、どうしても車が欲しいという場合には、安い車を購入するというのも一つの手です。

年収350万で車を持つとなるとやはり難しい問題があったり、ほかのところで節約をしなければいけないといったように、簡単な問題ではないということがわかりました。

それでも、車を欲しい、乗りたいという人は節約をする覚悟で車を持つ必要があります。

年収350万円の人は結婚できるの?

婚活ブームとなっている昨今ですが、結婚が難しい時代とも言われています。
相手を探しても、なかなか見つからないのが現状ですよね。

なぜ、結婚できないのでしょうか。

その理由の背景の中に、年収が関わってきています。

そこで、年収350万の人は結婚できるのか、できないのかについて詳しく見ていきましょう。

年収と結婚は関係してくる?

年収が低くても相手が見つかるだろう、年収なんて関係ない。
と思い込んでしまっていませんか。

確かに、年収が低くても出会える可能性もありますし、結婚できないことはないです。

しかしながら、結婚できないのは年収も多少関係してきます。
年収が350万の場合、相手も限定される事間違いないです。

婚活パーティーで、年収が350万と年収500万あるのとどちらが良いですか?
と聞かれたら、迷わず年収が500万の人を選ぶのではないでしょうか。

そこに性格や顔を考慮しても、やはりお金は魅力で、
実際、年収が高い人の方がモテる確率が高いです。

年収が350万だと結婚生活はキツイ?

年収が350万の人は、生活をしていくのがキツイのでしょうか。

そこで、年収が350万の人の結婚生活について触れてみましょう。

実際に、年収が350万だと共働きでやっと生活費がカバーされ、裕福ではないけれども、貧乏ではないという暮らしになります。

また、今時共働きは当然と言えば当然ではありますが、出来れば家庭を守りたい、守ってほしいと思う人も多いのではないでしょうか。

共働きよりも片方だけが働いて、片方は家にいる、というのを、理想に持っている人も少なくはないのです。

そのため、年収が350万だと生活はきつくはなくても、やはり理想とかけ離れてしまうという人が多いです。

年収が350万の人はなかなか結婚をすることが難しいということが分かったのではないでしょうか。

結婚と年収はやはり関係してくるので、現状に不満を持っている、変えたいと思っている人はぜひ年収を上げましょう。

結婚をしたいのなら年収を上げましょう!

年収が350万の人は、結婚するのがなかなか難しいということがわかりました。

やはり、年収が350万よりも年収が500万の人の方が魅力的だからです。

しかし、諦めるのはまだ早いです。

年収が低い、現状に不満を持っているという人は諦めないで、年収を増やす方法を考える事にしましょう。

年収を増やす方法はいくらでもあります。

転職をする、副業をするという方法が主ですが、年収を上げることで、モテる確率も高くなり結婚できるチャンスも広がってきます。

年収が低くて落ち込んでしまっている人は、ぜひ年収を上げましょう。

副業をしている人もいる!?

実は、年収350万円というのは多くもなく、少なくもないという収入です。
なので、やはり現状に不満を持っている人も多いです。

そのため、転職を考えている人もいれば、副業をしている人もいます。

現状に満足せず、より収入をアップすることを目指していくなら、
他に収入源を作っていく必要がありますね。

まとめ

年収350万円の人の手取りや生活について知ることができたかと思います。

実際に年手350万円は少ないというわけではなく、一般平均の収入で、現状に満足しているという人もいれば、もっとお金を増やしたい、貯金をしていきたいという人が多くいることがわかりました。

目次
TOPへ
目次
閉じる