売れないバンドマンでフリーターの末路はどうなってしまうの?

バンドマンのフリーターの末路

若いうちは夢に向かって突き進み、どんな夢でも挑戦をし続けようとします。

夢を追う若者の中でも、バンド活動をしている人もいて、
バンドマンとして成功したいという人が多いです。

そのため、アルバイトで生計を立てている人がほとんどです。

若いうちは良いのですが、バンドマンと言えども、
将来成功するかどうか分からないですよね。

今回は、売れないバンドマンの末路をご紹介します。

目次

年齢を重ねるごとに生活が厳しくなる!?

バンドマンといえども、成功しないうちはフリーターとして頑張らければいけないです。

フリーターを続けながら、バンドマンとして頑張っているとどうなるのでしょうか。

若いうちは、バンドとアルバイトとの両立するのはそれほど難しい話ではないです。
ですが、歳を取るとアルバイトとの両立は厳しくなってきます。

また、自分が病気をしたリ、親の介護をしなければいけなくなった時、
バンド活動はおろか、アルバイトもできなくなってしまう可能性があります。

そうなると、フリーターですから、
生活保護に頼るしかないような末路もあります。

そして、生活保護を受けると同時に、
バンドマンとしての夢を諦めるという人もいるでしょう。

バンドマンは正社員になれない!?

「バンドマンは正社員になれない」というのは、一体どういう事なのかと思うかもしれません。

バンドマンの多くがいつかは売れる夢を見ています。

それなのに、正社員として働いてしまうと、
残業などでバンドの練習が出来なくなってしまったり、正社員だと急に休むなんて事が出来なくなります。

そのため、バンドマンの多くが正社員として働かずに、
フリーターとして働く人が多いのです。

しかし、歳を重ねるときに「あの時正社員になっておけばよかった」と、
嘆いてしまう人も多く、売れないバンドマンの後悔として残されます。

夢を諦める必要はない!

ここまで、売れないバンドマンの末路を紹介しました。
ですが、紹介したのはあくまでも「売れないバンドマン」の話です。

実際、30代40代になってから夢が叶ったという人も中には存在します。

諦めてしまう事は簡単ですが、諦めずに頑張り続けると成功する可能性もあります。

人生一度きりですから、悔いのない生き方をすることが大切です。
中途半端で諦めてしまうよりも、自分が「もういい」と思えるまで突き進むも重要ですね。

まとめ

売れないバンドマンの末路を紹介しましたが、いかがでしたか。

バンドマンとして成功していきたいのならば正社員の夢を蹴ってでも頑張り続けることが大切です。

こればかりは一か八かになってしまいますが、悔いのない人生を選択することが大切です。

目次
TOPへ
目次
閉じる