サラリーマンの小遣いの内訳・平均額はいくらくらい?

サラリーマンの小遣いの内訳

家庭を持つとより一層、責任が重くなってきます。

その中でも、気持ちが落ち込んでしまうものとして、サラリーマンのお小遣い事情が出てくるかと思います。

働いた金額とお小遣いとして、貰える金額の差が大きすぎて、精神的にも辛くなってしまったというサラリーマンが多いです。

もらったお小遣いで自分の趣味や好きなものに、やり繰りをするという人がほとんですね。

他の人のサラリーマンの小遣い事情はどうなのでしょうか。

今回は、サラリーマンの小遣いの内訳についてご説明します。

目次

サラリーマンのお小遣いの平均はいくら?

そもそも、サラリーマンの平均お小遣いは一体いくらなのでしょうか。

そこで、サラリーマンのお小遣いの平均を調べてみたところ、
新生銀行が「サラリーマンのお小遣い調査」をしていた事がわかりました。

そこで「サラリーマンのお小遣い調査」から、
サラリーマンのお小遣いの平均金額を調べてみた所、約37,873円であることがわかりました。

ちなみに一日の平均昼食代は、約587円です。

また、37,873円とはいっても、
その中から、昼食代や飲み代を捻出するため、最低でも22,000円が必要な食費代になります。

そのため、サラリーマンの平均お小遣いは1万円弱です。

サラリーマンのお小遣いの内訳は?

サラリーマンの平均お小遣い額は、大体1万円弱です。

それでは、サラリーマンのお小遣いの内訳について踏み込んでみたいと思います。

実際のお小遣いの内訳で多いのが、

  • 1位は昼食代
  • 2位は趣味
  • 3位は嗜好品
  • 4位は飲み代
  • 5位は携帯電話代

という事でした。

1位が意外にも、昼食代だという事がわかりました。

実際に、全世代共通で昼食代がダントツのトップで、
それも、50%を超える割合でした。

そして昼食代を払ったら残った額で、趣味に使うという人が多いです。

やはり残った額はとても少なく、「まだお金が欲しい」と嘆いている人がとても多くいます。

サラリーマンのお小遣い3万円は意外に多い!?

お小遣いを3万円しか貰えないというサラリーマンは多いです。
ですが、お小遣い3万円というのは、実は多い方ということをご存知でしょうか。

一般的なお小遣いの平均としては1万円~2万円がほとんどで、その中でもお小遣いが3万円という家庭は、とても少ないのです。

そのため、お小遣いが1~2万円の人から見て、お小遣いが3万円の人は羨ましがられる事間違いなしです。

結婚をすると、使えるお金は自分だけではなく、お互いの共有のお金にする、という家庭も多いのではないでしょうか。

実際、共有のお金からやりくりをしているという家庭も多いです。

その中でも特に気になるのが、お小遣いなのではないでしょうか。

家庭によっては、3万円しかもらえないという人も多く、少なくて、困っている人もいるでしょう。

お小遣い3万円のサラリーマンのやりくりは?

お小遣いが3万円の人のやりくりは、どのようにして行っているのでしょうか。

そこで、お小遣いが3万円の人のやりくりについて調べてみた所、
主に、趣味に費やしているということがわかりました。

昼食代は、一日500円だとしても十分にお金が余ります。

それに、欲しいモノが買えないといった問題はとても少なく、
自由に使えるお金が多いため、あまり悩む必要はないのです。

それでもお小遣い3万円の人のやりくりとして、
意外にも「貯金」をしている人も結構多いです。

お小遣いを貰ってもすぐには使わずに、
貯金に回しているという、堅実な人が思いの外いるのですね。

サラリーマンでも副業をしている人が増えている!?

お小遣いのほとんどが昼食代に回しているということから、「趣味に使えるお金がもっと欲しい!」という人がとても多くいます。

その為、現在では副業をしている人がとても多く増えています。

やはり、お小遣い事情はとても厳しいもので、「もっとお金が欲しい」「お小遣いを増やしてほしい」という思いを持っている人が多いのですね。

お金を増やしたいなら投資がオススメ!?

実際にお小遣い3万円の人でも貯金に回しているという人が多いのですが、もっとお金を増やしたい、挑戦をしてみたいと思っている人はぜひ投資に挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

お小遣いが3万円だけれどもそれでも欲しいものを購入することができない・・・
と、悩んでいる人は、投資をしてお金を増やすこともできます。

実際に投資は少額でも行うことができるようになっていて、あまりお金がなくても、気軽に投資を始めることができます。

また、お金を増やすことにより、さらに自由に使うことができるお金が増えます。

まとめ

お小遣い3万円しか貰えなくて嘆いてしまっている人やもっと欲しいと思っている人は一般平均から見てもお小遣いの額が多いということが分かったかと思います。

実際に紹介した額よりも少ない、もっと他にお金を使っているという人ももちろんいるかと思います。

今現状お金に不満を持っている人やもっとお金を増やしたいと思っている人は副業を考えてみるというのも良いかもしれません。

目次
TOPへ
目次
閉じる