パートで働いている主婦、専業主婦のお小遣いはいくらくらい?

パート主婦のお小遣いの平均

結婚をした時にどうしても悩んでしまう事として、お金の問題が出てきます。
その中でもお金が足りずに、パートで働くという人も多いですね。

しかし、パートをしている主婦として、お小遣い設定をどうするかが問題としてあります。

今回は、パートで働く主婦、専業主婦のお小遣いの平均はいくらなのか?について解説します。

目次

パートで働く主婦、お小遣いの平均はいくらなの?

パートやアルバイトで働く主婦のお小遣いの平均はいくらなのでしょうか。

そこで調べてみたところ、
パートで働く主婦のお小遣いの平均は、約15,562円であるということがわかりました。

中にはフルタイムで働いていて、2万円以上のお小遣いがあるという方もいます。
ですがが、やはりパートや専業主婦では、15,000円くらいが平均のようですね。

また、平均の15,562円だとしても、
実際に使う金額は、10,769円ほどで節約傾向にあります。

お小遣いの使い道は一体何?

パートで働く主婦のお小遣いは、平均15,562円です。
それでは、主婦のお小遣いの使い道は一体何でしょうか。

そこで、主婦のお小遣いの使い道について調べてみました。

実際にいくら稼いでいるのかについて変わってきますが、

  • 化粧品代・・・3,000円~5,000円
  • 美容代・・・5,000円前後
  • 衣服代・・・3,000円~5,000円
  • 書籍・・・1,000円~2,000円
  • 交際費・・・5,000円前後
  • 貯蓄・・・5,000円前後

が平均的な内訳となりました。

これは一例ですが、多くの人は節約をしたり、
子供のためにお金を回している、という人も多いです。

また、夫から貰えるお小遣いを使うけれど、
自分で稼いだお小遣いは、何があっても大丈夫なように貯蓄しておくという人も多かったです。

将来を考えるとどうなのか?

やはり将来のために、パートで働くという決意をした主婦も多いです。

そして、多くの人が将来のために節約をしていていたり、
子供の為に、お金を貯蓄しておくという人が多かったです。

やはり、将来を考えると堅実になる人が多いですね。
子供がいると、何かと出費も増えるため、ある程度の貯蓄しておくことも重要です。

専業主婦の平均のお小遣いはいくらなの?

早速ですが、専業主婦の平均のお小遣いはどのぐらいになるのでしょうか。

そこで、専業主婦の平均のお小遣いを調べてみたところ、意外な結果がわかりました。

今月ちょっと足りなくなってしまった、もうちょっと欲しい、
と悩んでいる専業主婦の方も多いのではないでしょうか。

世帯年収によって大きく異なってきますが、
専業主婦のお小遣い平均は10,000円~15,000円という結果でした。

ちなみに、兼業主婦のお小遣い平均は20,000円~40,000円となり、
もう少し娯楽費に当てることができるということがわかりました。

専業主婦といってもランチや美容院代、
洋服代とお小遣いなど、必要になってきますよね。

しかし、お金事情で悩んでいるのは、
まさか我が家だけなのではないのかと思っていませんか。

専業主婦のお小遣いの使い道とは?

専業主婦といえば、ランチや美容院に行っているイメージを強く持っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、専業主婦のお小遣いの使い道について調べてみました。

専業主婦の方は、

  • 美容院代
  • 化粧品代
  • 洋服
  • 子供の為に貯金
  • 子供の遊び道具

といった、旦那には頼らずに自分のお小遣いで買っているという主婦もいました。

やはり、各家庭の方針によってはお小遣いの使い方を制限しているところもあれば、
自由に使っても良いという決まりをしている家庭もありました。

主婦の節約術で遊べるお金を増やす方法!?

現状のままでは満足に買い物をすることができないと
嘆いてしまっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、お小遣いは限られているし、
これ以上の満足をすることができないと諦めてしまっていませんか?

そこで、とっておきの節約術を伝授します。

すぐにできて効果的なのが、

  • 通信費を見直す
  • 食費を見直す
  • フリマやお下がりを活用する
  • 仕事を始める

という方法です。

特に、通信費を見直す、食費を見直すことで、
世帯収入が少なくてもやりくりできるようになります。

自然とお小遣いアップも見込めるため、自由に使うことが出来るお金も増えます。
ちょっとずつの努力がやがて、自由に使えるお金を多く増やすことに繋がります。

一般の旦那の給料の平均は?

結婚をしている人の多くが気になってくるのが、旦那の給料事情ですよね。

自分の旦那の給料は平均的な額なのか、多いのか?少ないのか?
と、気になってしまうかと思います。

旦那の給料は世間で言う平均なのか、多いのか?少ないのか?
気になってしまいますよね。

そこで、年収の平均について調べてみました。

職業によって年収に差が出てきますが、
サラリーマンの年収で計算をすると、年収の全体平均は男性で511万円だということがわかりました。

また、年代別の年収の平均は

  • 20代では約270万
  • 30代では約450万
  • 40代では約600万
  • 50代では約640万
  • 60代では約420万

だということがわかりました。

この結果から見ると40代、50代になるにつれて年収が上がっていきます。
60代ともなると、定年退職や年齢から見ても金額が下がってしまう傾向にあります。

転職を考えるのも一つの方法!

旦那の給料が平均ほどない場合、思い切って転職を考えてみることをオススメします。

先ほどの説明の中にもあったように、
年齢を重ねる毎に年収が下がってしまったり、病気になってしまうリスクが高くなってしまいます。

そこで、今の現状で不満に思っているという家庭は、
思い切って、旦那に転職のチャンスを与える事が大切です。

転職をしたら、より年収が増えたという家庭もあれば、大きな夢への一歩になったという家庭もあります。

実際に給料はとても大切なもので、しっかりと把握をしておかなければいけないのですが、万が一、現状に不満を思っている場合は旦那と話し合って解決していくことが大切です。

今後を考えるといくらあれば良いのか?

旦那が一般的の年収なのかどうか。どちらにしても、今後を考えるとやはりお金は多くある方がいいですよね。

また、共働きならばもう少し楽にしてもいいのです。

ですが、子供がいたり、専業主婦を希望とする家庭の場合、
旦那の年収が低いと生活をする事が困難になってしまったりします。

年齢を重ねるごとに、病気になってしまうリスクも高くなってしまいます。

今後を考えるとやはり安定した職業で、年収が高い方が良いと考える人が多いですね。

また、住宅ローンや各種保険料などの月々の支払、
加えて将来に対する備えもしておかなければいけないため、節約も必要になってきます。

まとめ

パートで働く主婦や専業主婦のお小遣い事情について知ることができたかと思います。

家庭によってはもっと稼いでいる、もっと節約しているという家庭も多いのですが、将来を考えるとやはり節約をしたり、貯金をするというのが正しいということがわかります。

現状に満足していないという人や、もっとお小遣いを増やしたい、楽したいという人はぜひ、とっておきの節約術をしてみてはいかがでしょうか。

どんな状況でも少しずつ頑張っていけば、必ず良い結果になり、自分だけではなく、夫や子供のためにもなるので、ぜひやってみてくださいね。

目次